Ink&Slideをイラスト制作のワークフローに取り入れてみる

友人主催のイベントのフライヤーを作りました。その制作過程を載せてみようと思います。

【1】まずはラフを起します
Ink&Slideをイラスト制作のワークフローに取り入れてみる

クラブイベントのフライヤーに使うイラストです。

【2】ラフのクリンナップ

Ink&Slideをイラスト制作のワークフローに取り入れてみる

Ink&iPadを使ってラフのクリンナップをします。ソフトはLINEを使っています。部分的に拡大しながら描けるところと、アンドゥが無限なのが気に入っています。まさにデジタルスケッチブック!というところ。

今回のイラストは最終的にlllustratorで仕上げるので1本の主線を引いていくだけの作業で、もちろん家にいればPhotoshopでできる事ですが、これが出先でできるのがありがたいですね!

【3】線画をパソコンに送る

Ink&Slideをイラスト制作のワークフローに取り入れてみる

できた線画をパソコンに送ります。もちろんメールで送るのでも大丈夫ですが、Creative Cloudをつかっている人ならそのままデータをPhotoshopやいllustratorに送れて便利です。これもデジタルの良いところですね。

【4】llustratorで清書

Ink&Slideをイラスト制作のワークフローに取り入れてみる

ここからは家でllustratorの作業です。CS5からついた素晴しい機能「ライブトレース」を使います。

Ink&Slideをイラスト制作のワークフローに取り入れてみる
あとは線を調整しながら色をつけていきます。線画をきれいに引いてから色をつける方法が普通だと思いますが(私もPhotoshopならそうします)、llustratorを使う場合は直接ペンツールをいじる方法が慣れていて早いのでそうしています。絵にもよるので、毎回かならずこの方法というわけではありませんが…。

Ink&Slideをイラスト制作のワークフローに取り入れてみる

私にとってllustratorは「絵を描く」より「絵を作る」感覚で使うことが多いです。なので、できた絵のパスもこんな感じです。

Ink&Slideをイラスト制作のワークフローに取り入れてみる
完成版のイラストです。フライヤーのデザインに入れたときにおさまりが悪かったので向きを反転することにしました(左利きになっちゃった笑)

友人のイベントフライヤーのような自由に描いていいイラストは、衣装のディテールなどを描きながら考えられるので楽しいです。

余談ですがまつげが金髪なのは、『ハイスコアガール』という漫画の日高小春の金髪まつげがかわいくていいなぁ、と思っていたのでマネしましたオマージュです。同作品へのリクペクトも込めて…!

X-TRAIN

フライヤーの完成版です。イベント告知はまた改めて。ちなみに前回のフライヤーが右です。クロストレインというイベント名なので、電車にインスパイアされた衣装の女の子のイラストにしています。今回は「ドクターイエロー」で、前回は新幹線「はやぶさ」でした!

 * * *

そんなわけで、Ink&Slide(今回はInkのみ)を使ったワークフローの一例でした。

なーんだ、ラフとラフのクリンナップなんて全部Photoshopでできるじゃん!…その通りです!
でも「ラフやアイデアをiPadで持ち歩けて、それが直接いじれる」って個人的にかなりいいなと思っています。iPadの特性でもある、ノートパソコンとは違った手軽さ・気楽さもいいのかもしれません。今まで私は読書のためにiPadを持ち歩いていたのですが、これにデジタルのスケッチブック機能がついたような感覚ですね。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です