プレリュード・アラフォー

髪を染めました
髪の毛を暗めの色にしました。黒髪というほどではないですが、ここ20年くらいで一番暗いです。36歳を迎えて、いいかげん落ち着いた女性へシフトしていかねばと考えていて(気づくの遅すぎ)、この夏を最期に浮かれた髪色にもオサラバして、こぎれいな感じを目指していこうと思っています。ということで、どうせなら最期の夏はグラデのカラーを入れて、秋になったら切ってやるぜ!と計画を立ててみました。秋になってコロッと気が変わるかもしれませんが、今はそんなつもりでいます。

正直申し上げまして30歳を過ぎたばかりの頃は、母譲りの童顔もあって『まだまだ若いジャン!』なんて思っていたのですが、33歳をすぎたくらいから『あぁーこれが老化なのね』といろいろ自覚することが増えてきました。近年「美魔女」という言葉もよく聞かれますが、なんとなくこの「美魔女」という言葉は、なんだか若さに必死にしがみつこうとしているイメージがあって、あまりよい印象を持てません…。もちろん若く見えてきれいだったらそれに越したことはないけど、歳を重ねた姿に似あう髪形をして服を着て、体型を維持することを心がけ、できるだけこぎれいに保っていれたらといいなと、思っています。

若さ 若さってなんだ! 振り向かないことさ~


3件のコメント

  1. イラストかわいいです(^^) べつに何歳だからとか気にせずずっと浮かれた髪色で突っ走ってもいいと思うのですが(似合ってると思うし)、そうやっていろいろ思い悩むのもケイコさんらしいのかなって気はします。
    ケイコさんならべつに特別なことをしなくても、健康でいればずっと素敵でいられるはず!
    ところで、「フリーランスとは」みたいなことを語っておいてなんなんですが、私しばらく前から渋谷区にある某ローカライズ会社で社内翻訳者として働いています。昼休みにうろうろしてたらケイコさんにばったり出くわすかも?

  2. KEI-COさんを横目でかっこいいなぁ~と見つめている
    キャロットは自分に反省。
    そしてなお且つ感動・・・KEI-COさんの考えかたに。
    すばらしい(*^^)v・・・だからかっこいいんだぁー!

  3. >まーくさん
    髪の毛の色を明るくしていると、どうしても痛みやすいので(明るいカラー材のほうがダメージ強いので)、
    このまま明るいカラーを続けると、さらに歳をとった時にパッサパサになっちゃったらやだなぁという保険的な意味もあって
    暗めの方向でいこうと考えてましたw 痛みがでなければ、このまま数年明るいままでもいいかなとは思うのですが。
    そう、健康がいちばんですよね!
    渋谷にお勤めなんですねー。私は渋谷区民なのですが1週間のほとんどをヒキコモリで過ごしているので
    外の出没率はものすごく低いです…w
    >キャロットさま
    私のほうこそ、いつもキャロットさまをかっこいいなぁ~と見つめていて、
    「キャロットさまみたいになりたい!」と毎月お会いする度に思っています。
    お料理はもちろん、他にも本当にいろいろ学ぶことがたくさんあって毎月楽しみでなりません(^^)
    教室のみなさんも素敵でお話が面白くて…。毎月の癒しです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です