地味だけど好きな「Last.fm」

Last.fmという日本ではあまり流行らなかった音楽特化型SNSがあるんですが、なんだかんだで日本でのサービス開始の2006年以前から利用しています。正確には利用というよりは『アカウント登録して放置』くらいの感じですが、それでもこの地味なサービスがなんだか好きで今でもやめていません。

ものすごくザツに説明すると、自分がiTunesなどで聴いている音楽からプラグインを介して自動的にチャートを作り、そのチャートの趣向にあった音楽をオススメしてくれたり、趣向の合うユーザーを紹介してくれたります。
(詳しくはWikipedia参照

Last.fm 2003
上位再生アーティストはこんな感じにまとめて表示されます。iTunesを起動して音楽を聴いてもScrobbleというプラグインを起動していないとチャートに反映されないので、必ずしも正確なカウント数ではないんですが、趣向は間違いありません。Perfumeの再生回数がぶっちぎりで多いのは一時期リピート再生して毎日かけていたせい。

Appleが2010年秋にiTunesの音楽SNS機能「Ping」をリリースしたとき、ひそかに「ついにLast.fmが終わるのか…」と思ったりもしましたが、あっさり終わったのは「Ping」のほうで、Last.fmは今でも続いています。
しかし、残念ながら日本ではLast.fm最大の特徴であったRadio機能が2013年1月をもってサービス終了ということで、今後の存続が気になるところでもあります。こうなったらサービスがなくなるまでアカウントは存続しようと思っていますが、どうなることやら。

今日、たまたま聴いていたLFOの情報を見てみたら「ツアー」という赤いタグがついていました。Last.fm 2003

↓「ツアー」の赤い帯をクリックすると

Last.fm 2003

LFOの近日のツアー情報が出てきました。う~ん、地味にいい機能!

LFOは2006年のi-WARP@ageHa以来みていないような…。また日本に来て欲しいな!


2件のコメント

  1. >キャロットさま
    説明ならなんでもします!!
    こちらはかなり地味なサービスなので、
    すべての方にオススメ!と太鼓判を押せるようなものでもないのですが…。
    私にわかることならなんでもいつでもご相談くださいね!(^^)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です