「ガンダム Gのレコンギスタ」とは何だったのか

ガンダム Gのレコンギスタ

いやはや、長いことブログを書いていませんでした。
この半年間はもう頭の中のほとんどが「Gレコ」でいっぱいで、仕事以外のいろいろなこと(主に主婦業)がおろそかになっていたなぁ…と思います。Gレコが終わった今も、Twitterのまとめ記事などで他の方の感想や評論を読んで、Gレコという作品を咀嚼して楽しんでいます。

「ガンダム Gのレコンギスタ」とは何だったのか。

それはもう、超面白いアニメですとしか言えません。
というのも、私程度の語彙力ではこれが精いっぱい(笑)

アニメ評論家の藤津亮太さんがアニメの門チャンネルでGレコを『オーケストラのよう(ベルリというコンマスはいるんだけれど、その時々で出てくるキャラが代わっていく)』とおっしゃっていたのは、さすがだなぁと思いました。本当にその通り…!
※アニメの門チャンネル「元気なGは、富野のG『Gレコ』を振り返る」は今週金曜日(4月10日)まで見られますので見ていない方はぜひ!

ガンダム Gのレコンギスタ

最終回の直前に描いたイラスト。ルアンさんのパンツの柄がかわいかったので、おそろいの柄のベルリとアイーダ様を描いたらなんだかすごく夏らしくなりました。
Gレコ放映中は本当に楽しくファンアートを描いていました。「T-reco」に納まらなかったものもいずれどうにかまとめたいですが、今のところ保留です…。

それにしてもGレコに夢中になっていたら、いつの間にか桜も咲いているし、春がきていたんですねー!
Gレコ最終回でキャラクターそれぞれが新しい旅をはじめたように、私も夏に向けてまた旅をしようと思います(^▽^)


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です